TOPICS

夢で終わらせない

いつかは自分の会社を設立したいと夢見ている人は多いのだが、会社設立を現実的なものにするために後押しをしてくれるサイトなどを活用しなければならない。行動に移すためにサポートを受けよう。

 Read More

離婚時に考えるべきお金

離婚をしなければいけなくなってしまった時は慰謝料の支払いを考えなければいけません。相手に慰謝料を請求する時に、いくら請求すればいいのかわからない人は多いのですが、弁護士に相談してアドバイスを貰うことができます。

 Read More

放棄の注意点を確認

相続放棄する際の注意点について

 一家の主であった夫が亡くなり、その後に妻と子供が残されるというケースがよくあります。その場合、とりあえず妻が全財産を相続する形にしておいた方が手続きの手間が省けると考える人が少なくありません。いずれ妻が亡くなれば、今回相続した財産が子供の手に渡ることになるのだから、特に損をする心配はないだろうと考える人がほとんどです。しかし、ここに意外な落とし穴が潜んでいる場合があります。実は、亡くなった夫の親や兄弟にも相続権があります。たとえば、妻に全財産を相続させるつもりで、子供が相続放棄の手続きを取ると、次順位の夫の親が妻と一緒に財産を相続することになります。親が既に亡くなっていても、兄弟に権利が移りますので、同様のことが起こります。ですので、放棄を考えている場合は、まず専門家に相談してみることをおすすめします。

遺言書を作っておけば妻に全財産を残せる可能性があります

 先ほど述べたような事例において、亡くなった夫が妻に全財産を残す旨の遺言書を作成していた場合には、子供が相続放棄手続きを取ったとしても、夫の親や兄弟には遺産を渡さなくて済む可能性があります。親には法定遺留分がありますので、親が遺留分減殺請求をした場合には、遺産の6分の1が親の物になります。ただし、親が何もアクションを起こさなければ、全部の遺産が妻の物になります。一方、既に親が亡くなっている場合であれば、第三順位である夫の兄弟には法定遺留分がありませんので、遺留分減殺請求を起こされる心配がありません。遺言書さえあれば、確実に遺産の全てを妻が受け取れるようになります。ですので、自分が亡くなった後に残される遺産を全部妻に残したいと考えている場合は、遺言書を作成しておくのが望ましいです。

おすすめ記事

過払い金の発生

近年問題視されている負債者の過払い金問題ですが、近年は払い過ぎた過払い金を取り戻すことが容易になっています。請求の仕方がわからない人でも弁護士に依頼することができるので安心です。

 Read More

慰謝料の注意点

離婚時に発生することが多い慰謝料ですが、慰謝料は必ずもらえるとは限りません。慰謝料とは元々相手からの苦痛に対してもらう金額であり、生活を安定させるためにもらうものではありません。

 Read More

設立時に必要な資金

合同会社を設立しようと考えている人は多いのですが、合同会社を設立する時に大切な資金のことをしっかりと考えなければいけません。設立時にかかる値段を把握しながら会社を設立しましょう。

 Read More