過払い金の発生

なぜ過払い金は発生したのでしょうか

かつての消費者金融には、グレーゾーン金利というものがありました。これは、法定金利が20パーセントであるにも関わらず、29.2パーセントまでの金利なら罰則規定がなかったため、多くの消費者金融で20パーセント以上の金利をつけた融資が行われていました。 しかしこれが問題視され、払い過ぎた金利、いわゆる過払い金を取り戻そうという動きが起こりました。これが過払い金請求です。多くの弁護士や司法書士の事務所が、過払い金対策を打ち出すようになり。かつて消費者金融を利用した人々が、そういう事務所を利用して、過払い分を取り戻すようになりました。また、これへの反省から、法定金利は20パーセントに定められ、それに違反した業者には罰則が適用されるようにもなりました。

弁護士や司法書士の事務所に依頼してみましょう

この過払い金請求は、今でも可能です。グレーゾーン金利は2010年施行の改正貸金業法で撤廃されましたので、それ以前に消費者金融を利用しており、また、最終取引から10年以内であれば、請求を行うことができます。 請求は自分でやってもいいのですが、弁護士や司法書士に頼んでやってもらうと、手間もかからず、しかもきちんと計算してもらえます。この場合は、できるだけ当時の取引がわかるもの、たとえば契約書であるとか、利用明細などの取引を証明する書類、ATMで返済した場合は、その控えなどを準備してください。また、本人確認書類も必要です。事務所では、別に手続きに必要な書類を提出するように言われることもありますので、それに従って早めに当該書類を揃えるようにしましょう。