離婚時に考えるべきお金

離婚では慰謝料が必要になることが

離婚では慰謝料が必要になることがあります。今まではかなり女性が有利であった時代があったのですが、最近ではそうでもなくなっています。また、浮気なのですが、一回くらいは許そう、というのが傾向としてあります。もちろん、気持ちの問題ですが、それでも進めることはできますが、確実といってよいほど考え直すことを勧められます。 しかし、慰謝料も含めて、浮気というのは、相手に非があることですから、やろうと思えば離婚はできます。ですが、一個人がそうしたことをしようとするとさすがに大変です。ですから、弁護士に依頼するのです。そうすることによって、離婚のときの慰謝料についても、交渉ができます。 離婚の慰謝料というのは、意外と交渉できまるものなのです。

離婚の慰謝料とは

浮気などが原因で離婚するにあたって、相手から不当な行為を受けた場合、慰謝料を請求したいと思う人は多いでしょう。 離婚した際に相手に慰謝料を請求できるのは、不倫、浮気、DV、セックスレス、モラハラなどです。相手の行った不貞行為やその人の収入などによって慰謝料の金額は変わってくるので、まずは事実を証明する証拠が必要となります。 離婚の慰謝料の金額は明確には決まってなく、話し合いの場合自由に決めることができますが、目安として100万から300万ほどと言われています。 素人では難しい判断もあるので、離婚の際により多くの慰謝料を請求したいと思っている人は法テラスなどで、弁護士との相談できるサポートを受けることをおすすめします。相手から受けた精神的ショックに対して正当な補償がされるように、法律のプロの意見を参考にすると良いでしょう。